任意整理するとクレジットカードがブラックリストに載る?いつから?期間は?【経験者が解説】

債務整理
借金で苦しい人
借金で苦しい人

任意整理するとクレジットカードが作れなくなるんだよね?いつから作れなくなるの?作れなくなる期間はどのくらいなの?

この記事で分かる事はこちら。

  • 任意整理するとブラックリストに載るのか?
  • いつからブラックリスト入りするのか?
  • カードが作れなくなる期間はどの位?
  • 任意整理のメリット・デメリット
  • 任意整理におススメの弁護士・司法書士

任意整理をする際に気になるのは、カードが作れなくなるという噂です。

では、本当に任意整理するとカードが作れないのか?期間はどのくらいなのか?いつから作れなくなるのか?などの疑問を解消していきます。

モノタ
モノタ

この記事を書いている僕も任意整理の経験者です。

任意整理の経験から詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

また、僕は無料で借金相談を行っています。

⇓無料相談をご希望の方は下記のLINE@に登録⇓

友だち追加

また、Twitterでも無料借金相談をおこなっています。ご希望の方はモノタ(Twitter上ではnaka)のTwitterアカウントからDMまでご連絡ください。

任意整理をするとクレジットカードがブラックリストに載る?

任意整理をするとクレジットカードがブラックリストに載る?

任意整理するとブラックリストに載るという噂は本当なのでしょうか?

実は、任意整理するとブラックリストに載るというのは本当です。

しかし、そもそもブラックリストとはどのようなものでしょうか。

ブラックリストに載るという事は、信用調査会社に情報が登録されるという事なのです。

何の情報なのか、もちろん「任意整理をおこなった」という情報です。

ではなぜ、信用調査会社に任意整理情報が載る事がブラックリストと言われるのでしょうか。

それは、クレジットカードの作成の手順を考えることで答えが見えてきます。

通常クレジットカードの作成(銀行ローンや消費者金融も同じです)過程は以下の通りです。

  1. クレジットカードに申し込みをする
  2. クレジットカード会社は信用情報会社に信用情報を確認する。
  3. 作成の可否を決定する

ここで大事なのは②です。

カード会社も、カードを作る人がどのような人か分かりません。ですので、信用情報会社と呼ばれる会社に信用情報を確認します。

ここで、任意整理をしたことがあるという情報があれば、この人は払いきれなくなって債務整理をしたという事がわかり、カード会社はその情報をもとにカードを作成するかどうかを判断するのです。

つまり、信用情報会社に任意整理情報が載る事を、ブラックリストに載るというのです。

ただし、ブラックリストに載ったからと言って、絶対にカードが作れないかというとそうでもありません。最終的にはカード会社が判断するからです。

ブラックリストにはどの時点で載るのか?

任意整理すると、弁護士は貸金業者に「受任通知」という書類を送ります。

任意整理しますよというお知らせの書類ですね。

この書類が届いた時点で、貸金業者は信用情報処理を行うので、その時点でブラックリストに載るという事になります。

ちなみに、「受任通知」が届いた時点で、貸金業者は債務者に対して一切の取り立て行為をすることが禁止されます。

ですので、取り立てを止めさせたい場合は、弁護士や司法書士に債務整理の依頼をすることが一番早いのです。

ブラックリストに載らなくなるのはいつ頃?

ブラックリストに載るタイミングは分かりましたが、ブラックリストが消えるタイミングはいつなのでしょうか。

ブラックリストが消えるタイミングは、任意整理の支払いが終わった瞬間から5年程度です。

任意整理が終わるというのは、全ての支払いが終わってからという事です。

例えば、任意整理の支払いが3年で終わると、その時点から5年間ほどブラックリストは継続して掲載されます。つまりこの場合は合計8年間ということになります。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは以下の通りです。

  • 借金が無くなるわけでは無い
  • ブラックリストに掲載される
  • 任意なので応じてくれない業者がいる場合がある

借金が無くなるわけでは無い

任意整理を行ったとしても借金が無くなるわけではありません。

基本的に任意整理では、将来の利息をカットすることを交渉します。

つまり、元金が減るわけでは無いのです。

それなら任意整理する意味あるのかな・・・?

そう思う人もいるかも知れません。

しかし、利息のカットだけでも最終的な支払額は大幅に減額されます。

例えば100万円の借金をそのまま返すのと任意整理するのでは、最終的な支払額は30万円~60万円程も変わってくる可能性があるのです。

任意整理の利息の具体的な金額や詳細に関してはこちら。

ブラックリストに掲載される

先ほどお話ししたように、任意整理するとブラックリストに入る為、任意整理してから合計8年~10年程はクレジットカードや銀行のローンが通りにくくなります。

任意なので応じてくれない業者がいる場合がある

任意整理はあくまで任意での話し合いです。

交渉によって相手が拒否すると、利息のカットも出来ません。

なので、任意整理の交渉に強い弁護士や司法書士を選ぶ必要があります。

交渉に強い弁護士や司法書士はこちら。

任意整理のメリット

任意整理にはメリットがたくさんあります。

  • 将来の利息がカットされる
  • 借金を選んで行える
  • 車や住宅などの財産を手元に残したまま行える
  • 誰にも知られずに行える
  • ブラックリストに掲載される

将来の利息がカットされる

任意整理は貸金業者と将来の利息のカットを交渉します。

しかし、利息のみのカットでもバカに出来ません。

そのまま借金を払い続けるのに比べると、最終的な支払は数十万円も変わってくるのです。

任意整理の利息の具体的な金額や詳細に関してはこちら。

借金を選んで行える

任意整理は自己破産や個人再生と違い、借金を選んで処理を行えます。

例えば、奨学金と消費者金融の両方の借金がある場合、自己破産や個人再生だと全ての借金を清算しないといけないので、奨学金の保証人に迷惑をかけてしまいかねません。

しかし、任意整理だと借金を選べるので、消費者金融のみの借金を処理することが出来るのです。

これはとても大きなメリットです。

車や住宅などの財産を手元に残したまま行える

任意整理は、車や住宅などの財産を手元に残したまま行えます。

自己破産や個人再生では一部や全部の財産が取られる可能性がある為、住宅や高価な車などを保有している人は、任意整理がおススメです。

誰にも知られずに行える

任意整理の大きな特徴として、誰にも知られずに行えることが挙げられます。

自己破産や個人再生でも、他人に知られることはほとんどありませんが、裁判所を介する処理の為、裁判所が発行する官報に破産者・再生者情報として掲載されてしまいます。

しかし、任意整理では裁判所も介さない為、官報に掲載されることもありません。

誰にも知られずに処理することが出来るのです。

ブラックリストに掲載される

任意整理をするとブラックリストに掲載されるという事はお話ししました。

これはデメリットでもありますが、再び借金に手を出さない為にはメリットととらえることも出来ます。

任意整理するのにおススメな弁護士・司法書士

選ぶべき弁護士・司法書士

任意整理する際に選ぶべき弁護士・司法書士は以下の通りです。

  • 任意整理に強い弁護士・司法書士
  • 無料メール相談が出来る弁護士・司法書士

任意整理に強い弁護士・司法書士

任意整理を頼む際に選ぶべき弁護士・司法書士は、「任意整理に強い」弁護士や司法書士です。

ではどのように任意整理に強い弁護士や司法書士を選んだらよいのでしょうか。

それは、債務整理をうたい文句にしている弁護士や司法書士です。

うたい文句にしているという事は、多くの任意整理を請け負ってきた経験や知識があり、実績もあります。

人には得意・不得意ってありますよね。

弁護士や司法書士も同じです。

料理作ったことない人に料理を習おうと思いますか?

弁護士や司法書士でも任意整理が得意でない所より、得意な所の方が成功率は何倍にもアップするでしょう。

任意整理でおススメの弁護士・司法書士はこちら。

無料メール相談が出来る弁護士・司法書士

選びたい弁護士や司法書士の条件の1つに「無料メール相談が出来る」ことが挙げられます。

何故無料メール相談が出来た方が良いのか?理由はこちら。

  • 無料で相談できるから
  • メールだと緊張せず自分の状況を伝えることが出来るから
  • 折り返しの電話がある為、電話代がかからないから
  • 24時間相談可能だから

通常、弁護士や司法書士に相談するには30分5,000円程の相談料が掛かります。

無料で相談できるうえに24時間相談できるのはとても大きなメリットです。

また、メールだと落ち着いて自分の今の状況を相手に伝えることが出来ます。これは、弁護士や司法書士側にとってもとても助かる事なのです。

任意整理でおススメの弁護士・司法書士はこちら。

任意整理するのにおススメな弁護士・司法書士

では実際に任意整理するのにおススメの弁護士や司法書士を紹介していきます。

任意整理におススメの弁護士

弁護士法人ひばり法律事務所

名村法律事務所

弁護士法人東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

アース法律事務所

アース法律事務所

シン・イストワール法律事務所

任意整理におススメの司法書士

司法書士法人杉山事務所

債務Lady

債務Lady

新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所

おおぞら司法書士事務所

まとめ

最後にこの記事のまとめをしていきます。

  • 任意整理するとブラックリストに載る
  • ブラックリスト入りするのは、貸金業者に受任通知が届いた時点から
  • カードが作れなくなる期間は、任意整理の支払いが終わってから5年程度
  • 任意整理のメリットはかなり多い
  • おススメの弁護士・司法書士は任意整理に強く、無料メール相談が出来るところ

任意整理は誰にも知られずに行えるので、おススメな債務整理になります。

費用も安めで、無料メール相談もあるので、まずは相談からしてみるのがおススメです。

人生は有限です。

早く借金を返して新しい人生を歩きだす為に、1歩だけ前に進んでみませんか?

コメント