任意整理は元金が減らないのになぜお得なのか/知っておくべき金利のカラクリ教えます。【経験者が解説】

債務整理
借金で苦しい人
借金で苦しい人

任意整理って本当にお得なの?減るのは利息だけで、借金自体は減らないんだよね・・・?

この記事で分かる事はこちら。

  • 任意整理がなぜお得なのか
  • おまとめローンはなぜお得ではないのか
  • 任意整理のメリット
  • 金利のカラクリ
  • 任意整理で相談すべき弁護士・司法書士

任意整理を考えている人は「借金を早く返したい」「毎月の支払いがキツい」「返済は苦しいが自己破産や再生はちょっと・・・」など考えているのではないでしょうか。

実は、任意整理で解決できることと出来ないことがあります。

任意整理をしっかりと理解して、自分に最適な債務整理を行うべきです。

ここでは、任意整理について徹底的に解説していきますので、ぜひ債務整理の参考にしてくださいね。

モノタ
モノタ

この記事を書いている僕も任意整理経験者です。

経験者の目線で分かり易くお伝えしていきますので、参考にしてくださいね。

また、僕は無料の借金相談をおこなっています。

⇓無料相談をご希望の方は下記のLINE@に登録⇓

友だち追加

また、Twitterでも無料借金相談をおこなっています。ご希望の方はモノタ(Twitter上ではnaka)のTwitterアカウントからDMまでご連絡ください。

任意整理は本当にお得なのか?

任意整理は他の債務整理やおまとめローンに比べて本当にお得なのでしょうか。

答えは「かなりお得」です。

その理由はこちら。

  • 他の債務整理よりデメリットが少ない
  • おまとめローンより最終的な支払金額がかなり少なくなる

他の債務整理よりデメリットが少ない

任意整理は他の債務整理に比べてデメリットが少ないことが特徴です。

主な特徴は以下の通りです。

  • 借金を選んで行える
  • 誰にも知られずに行える
  • 費用が安く行える
  • 財産は残したまま行える

借金を選んで行える

任意整理は借金の種類を選んで行えます。

例えば、奨学金の借金と消費者金融の借金を両方している場合、自己破産や個人再生では全ての借金が対象となります。

その結果、奨学金の保証人に債務整理の事実を知られたり、迷惑が掛かることになります。

その点任意整理は借金を選んで行えるので、消費者金融の借金のみ任意整理することも可能なのです。

誰にも知られずに行える

任意整理は誰にも知られずに行うことが出来ます。

自己破産や個人再生は裁判所を介する処理なので、裁判所が発行する官報という機関誌に破産や再生の情報が掲載されます。

これで、誰かに知られることはまずありませんが、任意整理だと官報にも掲載されないので、確実に誰にも知られずに処理をすることが出来ます。

費用が安く行える

任意整理は他の債務整理と比べて費用が格段に安くなります。

特に、司法書士に依頼した場合は、弁護士よりもさらに安く頼める場合があります。

任意整理の具体的な費用はこちら。

財産は残したまま行える

任意整理は車や住宅などの資産を手元に残したまま行えるのも大きな特徴です。

自己破産の場合車や住宅が取られてしまう場合もあります。

自己破産した場合の車や住宅の扱いについてはこちら。

個人再生した場合の車や住宅の扱いについてはこちら。

おまとめローンより最終的な支払金額がかなり少なくなる

借金をまとめるおまとめローンと任意整理はどちらがお得なのでしょうか。

試しに合計100万円の借金で計算してみましょう。

※A社50万円、B社30万円、C社20万円の借金を年利18%で借りていると仮定します。

これを年利15%でD銀行におまとめしたものと、任意整理したもので返す金額を比較して見ましょう。

借金額年利費用月の支払い支払期間年利金額最終支払額
おまとめローン100万円15%なし2万円79ヶ月579,052円1,579,052円
任意整理100万円1社5万円+減額費用の10%33,000円36ヶ月なし1,190,751円
A社50万円18%なし1万5千円47ヶ月198,327円698,327円
B社30万円18%なし1万円41ヶ月101,523円401,523円
C社20万円18%なし5千円63ヶ月107,675円307,675円

A社B社C社をそれぞれ返していく場合、最終的には1,407,525円となります。

おまとめローンでは1,579,052円なので、おまとめローンの方が最終的な支払総額は多くなるのが分かります。

一方任意整理だと、費用込みで最終的な支払総額は1,190,751円となります。

任意整理はおまとめローンより50万近く多くのお金を得することが出来るのです。

おどろきませんか?

50万円あったらかなりの事ができます。

これで任意整理が一番効率が良い方法だと分かってもらえたと思います。

して返済までの期間も短い為、早く借金から逃れることも出来ますね。

任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら。

任意整理のメリット

債務整理のメリットは先ほど説明したものと同じです。

  • 借金を選んで行える
  • 誰にも知られずに行える
  • 費用が安く行える
  • 財産は残したまま行える

内容は先ほど説明したので、割愛しますが、任意整理は債務整理の中でもメリットが多い債務整理方法です。

特に借金が少ない人(50~200万円)は任意整理が好ましいでしょう。

金利のカラクリ

なぜ、おまとめおローンは任意整理より最終支払金額が大きくなるのか?

これには「金利」というものが関係しています。

 お金を借りると、借りたお金に「年利」という金利が掛かってきます。年利は毎月返済する返済金に含まれてきます。

 つまり、月々の返済金=元金(借りたお金)+年利となるわけです。

 年利は以下の計算方法で算出されます。

 年利金額=(元金×年利)÷365×月の日数

 例えば、18%の年利で100万円のお金を借りた場合、最初の返済月を30日とした時の返済額は以下の通りです。

 (100万円×18%)÷365×30=14794.5

 この場合の年利は14,795円となるので、例えば最初の月の返済額が20,000円だった場合、20,000円-14,795円=5,205円となり、元金は5,205円減りました。残りの元金は、994,795円です。・・・完済まではまだまだですね。

 ちなみに、次の月(日数を30日とした時)の年利は、(994,795×18%)÷365×30=14,717円となります。20,000円返済したとすると、20,000-14,717=5,283円となり、元金は5,283円減ります。これを繰り返していくと、年利18%で100万円借りた場合、完済までに94ヶ月かかります。それまでに支払う総額は1,862,260円となります。つまり、年利だけで862,260円支払わなければいけないのです。

つまり、返済期間が延びれば伸びるほど年利は多く掛かるので、最終的な支払総額は増えていくカラクリなのです。

早く返すことが最終的な返済金額を減らすことに繋がるのです。

任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら。

任意整理を頼むにはどうすればいい?

メールでの無料相談を活用する

任意整理をするには、弁護士や司法書士に相談する必要があります。

相談するのなら無料の方がいいですよね?

そこで利用したいのが、無料メール相談です。

無料メール相談の利点は以下の通りです。

  • 無料で利用できる
  • メールだと正しい情報を伝えられる
  • 折り返しの電話がかかってくるので電話代も節約できる

無料で利用できる

メール相談は無料で利用できます。

通常弁護士や司法書士の対面相談は30分で5,000円ほどの料金が掛かります。

これが無料で利用できるのですから、かなりお得だと言えます。

また、24時間相談できるのもメール相談の利点です。

メールだと正しい情報を伝えられる

対面や電話だと緊張してしまい、なかなか思っていることを伝えられません。

その点メールだと落ち着いて自分の現状を伝えることが出来ます。

現状をきちんと伝えられると、弁護士や司法書士としても最善の対処法を考えることが出来ます。

折り返しの電話がかかってくるので電話代も節約できる

メール相談後は、弁護士や司法書士から折り返しの電話がかかってきます。

そこでメールした内容を元に確認作業を行っていきます。

もちろん、電話がかかってくるので電話代も掛かりません。

メールで相談できる弁護士

以下の弁護士はメールで無料相談が行えます。

弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人東京ロータス法律事務所

借金問題でお悩みの方はアース法律事務所へ

メールで相談できる司法書士

以下の司法書士はメールで無料相談が行えます。

新大阪法務司法書士事務所

司法書士エストリーガルオフィス

おおぞら司法書士事務所

【司法書士法人杉山事務所】

まとめ

最後にこの記事のまとめをしていきましょう。

  • 任意整理はおまとめローンより断然お得
  • 任意整理は他の債務整理よりデメリットが格段に少ない
  • 借金を少なく返すには早い期間で返すことが大事
  • 金利のカラクリを理解して正しい整理方法を選ぶことが大事
  • 任意整理の相談は無料メール相談で行う

借金を無くして早く楽になる為には、正しい方法でなるべく早く動くことが大切です。

任意整理をよく理解して、早めに動き出すことが借金を無くす最短の近道です。

迷っている暇はありません。

勇気を出して一歩を踏み出して、借金が無い理想の生活を手に入れませんか?

コメント