任意整理のデメリットの噂を検証/住宅や車は取られる?ローンが組めない?家族にバレる?【経験者が解説】

債務整理
借金で苦しい人
借金で苦しい人

任意整理をしたら、車や住宅は手元に残るの?ローンが組めなくなるって本当?家族にはバレるの?

任意整理をすると決めても、不安な事はいくつもありますよね。

この記事では、任意整理のデメリットや様々な噂を検証して正しい情報をお伝えしていきます。

この記事で分かる事。

  • 任意整理のデメリット
  • 任意整理での住宅や車の扱い
  • 任意整理後のローンやクレジットカードについてのこと
  • 任意整理は他人にバレるのか
  • お勧めの弁護士や司法書士

モノタ
モノタ

この記事を書いている僕も任意整理経験者です。

経験者の目線で分かり易くお伝えしていきますので、参考にしてくださいね。

また、僕は無料の借金相談をおこなっています。

⇓無料相談をご希望の方は下記のLINE@に登録⇓

友だち追加

また、Twitterでも無料借金相談をおこなっています。ご希望の方はモノタ(Twitter上ではnaka)のTwitterアカウントからDMまでご連絡ください。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットは以下の通りです。

  • ローンやクレジットカードが組みにくくなる。
  • 借金が減るわけでは無い

ローンやクレジットカードが組みにくくなる。

任意整理を行い、返済が終わってから5~7年間程度は、ローンが組みにくくなったり、クレジットカードの審査に通りにくかったりすることがあります。

これは、任意整理の情報が信用情報会社と呼ばれるところに登録される為です。

ローンやクレジットを作る際、銀行やクレジット会社はこの信用調査会社の情報を見ます。よって、任意整理した情報が分かってしまうのです。

借金が減るわけでは無い

任意整理は基本的に「将来の利息をカットすること」を交渉します。

つまり、現在の借金額が減る事は殆どありません。

ただし、将来の利息のカットだけでも天と地ほどの違いがあります。

仮に100万円の借金がある場合、任意整理するのとしないのでは、最終的な支払額が50万近く変わってくる場合もあるのです。

少なくともおまとめローンをするくらいなら、任意整理した方が100倍お得です。

任意整理のメリット

任意整理のメリットは以下の通りです。

  • 将来の利息がカットされる
  • 誰にも知られずに行える
  • ローンやクレジットカードが組みにくくなる
  • 借金を選んで行える

将来の利息がカットされる

将来の利息がカットされることは、任意整理最大のメリットです。

みなさんも経験ありませんか?

返しても返しても減らない借金・・・。

実は、返済のほとんどが利息として取られているからなのです。

利息が無くなれば、返済分が丸々元金の返済に充てられます。目に見えて借金が減るスピードが速くなりますよ。

任意整理の具体的な返済金額の比較はこちら。

誰にも知られずに行える

任意整理は裁判所を介すことが無い処理です。

ですので、個人再生や自己破産と違って官報に掲載されることもありません。

誰にも知られずに行える処理なのです。

ローンやクレジットカードが組みにくくなる

これはデメリットでもあるのですが、実はメリットにもなります。

借金をする人は繰り返す可能性があります。

僕もそうでした・・・。

しかし、ローンやクレジットカードが作れなかったら、現金で生活するしかないのです。そういった意味では、借金を繰り返さないような抑止力となり得るのです。

借金を選んで行える

任意整理は、債務整理の中で唯一借金を選んで行う事が出来る処理です。

例えば、奨学金のローンと消費者金融のローンが残っている人が、個人再生や自己破産をしようとすると、奨学金のローンも対象になってしまいます。

奨学金は親が保証人となっていることが多いので、親に迷惑が掛かってしまいます。

しかし、任意整理だと、借金を選んでおこなえるので、消費者金融のみを任意整理することが可能となり、親に迷惑をかけることも無くなります。

任意整理の噂を検証

任意整理で住宅や車は取られる?

任意整理で住宅や車を取られることはありません。

自己破産では住宅を取られることが多いですが、車は状況によって変わります。

個人再生では住宅を残すことが出来ます。

任意整理したことが家族や会社・友人にバレる?

任意整理したことが家族や友人・会社にバレることはありません。

僕は任意整理して10年程経ちますが、今まで誰にも知られていません。

モンスターマップ(破産者情報を載せたサイト)も、裁判所からの命令で現在削除されております。

何も心配することはありません。

任意整理すると一生ローンが組めなくなる?

たしかに任意整理すると5年から7年程はローンが組みにくかったり、クレジットカードの審査が通りにくかったりします。

しかし、これも絶対ではありません。

もちろん、支払終了後5年から7年後には普通に作れるようになります。

一生ローンが組めないという事はありません。

任意整理すると家族のローンにも影響が出る?

任意整理しても家族のローンに全く影響はありません。

あくまで、自分の名前で申し込んだローンやクレジットカードのみに影響が出るだけです。

ただし、保証人になる場合は審査があるので、気を付けた方が良いかも知れません。

任意整理におススメの弁護士・司法書士

任意整理におススメの弁護士

任意整理で弁護士をおススメしたいのは以下のの場合です。

  • 借金が140万円以上ある場合
  • 支払いが数か月滞っていて、裁判所から書類が届いている場合

借金が140万円以上ある場合

司法書士は140万円以上の借金案件は扱えません。

よって弁護士に頼んだ方が良いです。

支払いが数か月滞っていて、裁判所から書類が届いている場合

この場合、貸金業者が裁判を起こそうとしている、もしくは裁判を起こしていると考えられます。

このため、裁判に対応できる弁護士に相談した方が良いでしょう。

具体的に任意整理におススメの弁護士一覧はこちら。

任意整理でおススメな司法書士

任意整理で弁護士をおススメしたいのは以下のの場合です。

  • 借金が140万円以内の場合
  • とにかく費用が安い方が良い場合

借金が140万円以内の場合

先ほど説明したように、司法書士は140万円以上の借金は扱えません。

なので、140万円以下の任意整理には対応できるのです。

とにかく費用が安い方が良い場合

司法書士は弁護士に比べて、任意整理の費用が安いことが多いです。

とにかく費用を安く抑えたい人は、司法書士に依頼するのが良いかも知れません。

具体的に任意整理におススメの司法書士の一覧はこちら。

まとめ

最後にこの記事のまとめをしていきます。

  • 任意整理のデメリットは、全てメリットになり得る
  • 任意整理で住宅や車を取られることは無い
  • 任意整理を家族や友人・会社に知られることは無い
  • 任意整理で家族のローンに影響は出ない
  • 任意整理で140万円以上の整理をする場合は弁護士に依頼する
  • 任意整理の費用がとにかく安い方が良い人は司法書士へ依頼する

僕も過去に任意整理をしました。

弁護士に2回ほど相談しましたが、2人とも全く違う答えでした。

つまり、任意整理は全ての弁護士・司法書士が得意という訳ではないのです。

任意整理が得意な弁護士・司法書士を見つけて、早めに相談することで、借金を返し終わるのも早く終わります。

迷っている位なら、まず1歩踏み出して弁護士や司法書士に相談してみませんか?

まじで人生変わりますよ・・・。

具体的に任意整理におススメの弁護士・司法書士の一覧はこちら。

コメント