休職中のお金の疑問。給料は?ボーナスは?【休職中にお金を増やす方法の特典解説付き】

休職
Aさん
Aさん

休職したいんだけど、休職中のお金が心配なんだ・・・。

モノタ
モノタ

お金ってどんなこと?

Aさん
Aさん

給料は出るのか、とかボーナスは出るのかとか・・・。

Aさん
Aさん

あと給付金が出るのかどうかも知りたいな。

モノタ
モノタ

それじゃあ、休職経験がある僕が詳しく説明していくね。

モノタ
モノタ

最後には僕も実践している「休職中にスキルアップしながらお金を増やす方法」も紹介するよ!

この記事はこんな人におススメ。

  • 休職中の給与やボーナスについて知りたい
  • 休職中に貰える給付金について知りたい
  • 休職中にスキルアップしたい
  • 休職中のお金について不安だ

休職中のお金の疑問

休職中の給与は?

休職中に給料が出るかどうかは、休職が自己都合によるか会社都合によるかで分かれます。

両方の場合を別々に解説していきますね。

自己都合の場合

自己都合による休職の理由は「病気やケガによる療養・介護・育児」などがあります。

この場合、基本的に会社からの給料は出ません。

ちなみに僕は会社の人間関係でうつになり休職しましたが、これも自己都合扱いの休職でした。つまり給料は出なかったわけです。

Aさん
Aさん

会社の人間関係が原因なら会社都合にならないのかな?

モノタ
モノタ

僕が知る限りは全て自己都合扱いにされるみたいだね。

Aさん
Aさん

それは何とかならないの?

モノタ
モノタ

まず、うつと会社の人間関係の関連性を具体的に証明しないといけないからね・・・。現実には難しいかな・・・。

自己都合の休職中の給料は出ないことは分かりましたが、もう1つ気を付けておきたい点があります。

給料は出ませんが住民税や厚生年金等は引かれます。

つまり、月に全部休職すると給料がマイナスになるんです。

僕の場合は月に7万円近くマイナスでしたので後から振り込みました・・・( ノД`)

休職中は給料に関してはマイナスになると覚えておいてください。

会社都合の場合

会社都合による休職の理由は「経営難や天災などで就業が難しい場合」になります。

天災を除いて、その他の理由の場合は会社が労働者に平均賃金の60%以上の金額を支払わなければなりません。

つまり給料の60%以上の金額は支払われます。

これは、会社が休日と定めている日を除く全ての日に適用されます。

休職中のボーナスは?

休職中のボーナスですが、基本的にそれぞれの会社の就業規定により変わります。

しかし、会社側がボーナスを法的に支払わないといけない義務はありません。

しかし僕の場合、休職中の6月のボーナスに関しては満額出ました。

というのも、査定期間には全て出勤していたからです。

僕の会社の場合は6月のボーナスの査定期間は、前年の11月から4月までの6ヶ月間でした。この期間は休職してないのでボーナスが満額出たようです。

査定期間にどの位就業していたかにより、ボーナス金額を決める企業は比較的多いようです。

休職中の給付金の疑問

傷病手当金について

就業外での病気や事故で休職した場合は「傷病手当金」という給付金が支払われます。

支払うのは会社が加入している健康保険組合です。なので、国民健康保険に加入している自営業者やフリーランスは受け取ることが出来ません。

どの位の金額を貰えるのか、支払日はいつなのか、申請の流れについて項目別に解説していきます。

傷病手当金の支給金額

傷病手当金の支給金額は次の式で計算できます。

【支給開始日以前の12ヶ月の標準報酬月額の平均】÷(月の日数)×(2/3)

簡単に言うと、1日あたり、支給日以前の過去12ヶ月間の給料(賞与等は除く)の1ヶ月の平均額を日数で割ったもの(1日あたりの平均額)の2/3の金額が貰えるわけです。

例えば、過去12ヶ月の給料の平均が25万円の場合、1日あたりの金額(1ヶ月が30日の場合)は25万÷30=8,333円です。この金額の2/3ですので8,333×2/3=5,555円となります。

つまりこの場合は1日あたり5,555円の支給があることになります。

支給される日には土日祝日等の会社の休業日も含めるので、例えば1ヶ月の中で土日を含めて30日間休職した場合、その月に貰える額は5,555×20=166,650円となります。

これには税金等が掛かりませんので、満額貰えることになります。

ただし、傷病金手当の支給が可能なのは「連続して仕事を休んで4日目から」になります。3日間は待期期間と呼ばれ支給はありませんが、待期期間に有給休暇を使用しても構いません。もちろん待期期間には土日祝日も含まれます。

傷病手当金の支給日

傷病手当金の支給を受けるには申請をする必要があります。

見込みでの申請は出来ませんので、過去休職した実際の日数で申請することになります。実際には月単位で申請することが多いようです。

僕の場合は申請してから約1ヶ月後に振り込まれました。ちなみに振り込まれる前には振込確認のハガキも届きます。

だいたい申請後1~2ヶ月以内に振り込まれることが多いようです。

申請の流れ

申請の流れは以下のようになります。

  • ①会社の人事より書類が届く(計4枚)
  • ②必要事項を記入(2枚分)
  • ③担当の医療機関に記入してもらう(1枚分)
  • ④会社の人事へ返送(4枚分)
  • ⑤会社の人事より加入している健康保険組合へ送付
  • ⑥健康保険組合より支払い

僕が申請してから1ヶ月で支払われたというのは、④の会社へ送付した時点を申請した時点として計算したものです。

ちなみに、傷病手当金の支給は最長で1年6ヶ月です。仮に途中で職場に復帰して再度休職したとしても、最初に支給が始まってからカウントされます。つまり、途中で復帰した期間も含まれるので注意が必要です。

休業補償給付について

労働中や通勤中の怪我や病気には「休業補償給付」という給付金が支給されます。

この休業補償給付は労災保険から払われますのが、派遣社員や請負契約で働いている場合には雇用されている会社の保険が適用されます。ちなみにパートやアルバイトも保険は適用されます。

どの位の金額を貰えるのか、支払日はいつなのか、申請の流れについて項目別に解説していきます。

休業補償給付の支給金額

休業補償給付は「休業(補償)給付金」と「休業特別支給金」の2つを合わせた金額が支給されます。

それぞれの支払金額は以下の式で計算できます。

休業(補償)給付金=給付基礎日額(過去3ヶ月の平均賃金を日数で割った金額)の60%

休業特別支給金=給付基礎日額の20%

簡単に言うと、1日あたり、支給日以前の過去3ヶ月間の給料(賞与等は除く)の1ヶ月の平均額を日数で割ったもの(1日あたりの平均額)の80%の金額が貰えるわけです。

例えば、過去3ヶ月の給料の平均が25万円の場合、1日あたりの金額(1ヶ月が30日の場合)は25万÷30=8,333円です。この金額の80%ですので8,333×0.8=6,666円となります。

つまりこの場合は1日あたり6,666円の支給があることになります。

支給される日には土日祝日等の会社の休業日も含めるので、例えば1ヶ月の中で土日を含めて30日間休職した場合、その月に貰える額は6,666×20=199,980円となります。

これには税金等が掛かりませんので、満額貰えることになります。

ただし、休業補償給付の支給が可能なのは「仕事を休んで4日目から」になります。これは連続した休みである必要はありません。3日間は待期期間と呼ばれ支給はありませんが、待期期間中は企業側が従業員に対し給付基礎日額の60%以上を補償として支払う必要があります。待期期間には土日祝日は含みません。

休業補償給付の支給日

休業補償給付の支給を受けるには申請をする必要があります。

必要書類を会社、労働者、担当の医療機関で記入し、労働基準監督署に提出してから早くて1週間、長ければ2~3週間で支払われます。

傷病手当金よりは早めに支給されるようです。

申請の流れ

申請の流れは以下のようになります。

  • ①会社の人事より書類が届く(計2枚)
  • ②必要事項を記入(1枚分)
  • ③担当の医療機関に記入してもらう(1枚分)
  • ④会社の人事へ返送(2枚分)
  • ⑤会社の人事が確認し労働基準監督署へ送付
  • ⑥労働基準監督署より支払い

労働災害が発生したのが就業中か通勤途中かにより提出する書類は変わります。

休業補償給付は療養開始から1年6ヶ月間まで支給されますが、この期間を過ぎた場合は条件により傷病(補償)年金を受けるか、引き続き休業(補償)給付を受けるかが決まります。

休職中にお金を増やせる?

休職中にスキルアップしながらお金を増やす方法

休職中にスキルアップしながらお金を増やす方法は「ブログの作成」です。

これは僕もやっています。

・・・というか、今見てくれているこの記事もそうです。

モノタ
モノタ

では、どうやってブログ作成でお金を増やせるか説明するね。

Aさん
Aさん

教えてください!

モノタ
モノタ

まず、パソコンでブログ(記事)を作成するんだ。今見てくれているこの記事もそうだよ。

Aさん
Aさん

ブログを書いて何でお金が増えるの?

モノタ
モノタ

それは、ブログ(記事)に広告を貼るからなんだ。

モノタ
モノタ

貼った広告をクリックしてくれる際にお金が発生するアドセンス広告や、実際に商品が売れた場合に商品の一部の金額が貰えるアフェリエイト広告などの種類があるんだよ。

Aさん
Aさん

それって収益はでるの?

モノタ
モノタ

簡単に収益が出る訳ではないけど、実際に月に数万円~数十万円の収益を出している人たちは多いんだよ。一部の人気ブロガーになると月に数百万や数千万稼いでいる人たちもいるんだ。

ブログ作成でお金が増える仕組みは理解出来たと思います。

でも「ブログ作成って何かあやしい」「どうせ最初にお金が掛かるんでしょ」と思っていませんか?

ブログ作成のメリットの1つは資金がほとんど掛からないことなんです。

僕の場合は自分のドメインを取得してサーバー契約をしているので、大体月に1,000円位ほどしか掛かっていません。

はてなブログなどの既存のブログサービスに登録すれば無料でも出来ますが、制約も多いので僕は独自ドメインで作成しています。

Aさん
Aさん

ドメインとかサーバーって何?

モノタ
モノタ

ドメインは僕のブログのURLの「.net」の部分だね。ドメインは住所のようなものだよ。安ければ数百円から取得できるんだよ。

モノタ
モノタ

サーバーは土地のようなものだね。僕が契約している所は安ければ月に880円程で契約できるよ。

Aさん
Aさん

ドメイン(住所)とサーバー(土地)を取得して、自分のブログ(家)を持てるイメージなんだね。

僕はドメインはお名前.com、サーバーはmixhostというところを利用しています。

お名前.com mixhost

さらに、ブログ作成はお金を増やせるだけではなくスキルアップにも繋がります。

ブログ作成で出来るスキルアップはこちら。

  • WEBに関する知識を得られる
  • ライティングのスキルが身に付く
  • 記事にする項目についての知識が身に付く

実際僕はパソコンも持っていない状態から2ヶ月程でこのような記事を普通に書けるようになりました。

ブログを作成するうえで必要なWEBに関する知識やライティング(書くこと)のスキルはかなりついてきたと思います。これは、今後の仕事や生活においても、とても有益になると思っています。

Aさん
Aさん

でも記事を書くのって難しそう・・・。

モノタ
モノタ

自分の経験を記事にしたらいいんだよ。僕は過去に借金や休職の経験があったので、それを中心に記事にしているんだ。大事なのは読者の役に立つ記事を書くことだね。

どうですか?

初期投資もほとんどかからず、スキルもついて、収益が出る可能性も十分にある「ブログ作成」はやらない手はないと思いますよ。

まとめ

では今回の記事をまとめておきます。

  • 業務外の事故や病気で休職した場合、基本的に給料は出ない
  • 業務外の事故や病気で休職した場合、傷病手当金が支給される
  • 業務中の事故や病気で休職した場合、基本的に給料は出ない
  • 業務中の事故や病気で休職した場合、休業(補償)給付が支給される
  • ボーナスは会社の就業規定によるが、法的には支給しなくても良い
  • 休職中にお金を増やしスキルアップするならブログ作成がおススメ

休職中は給付金はありますが、お金の不安も大きいと思います。

無理なく出来てスキルもアップ出来るブログ作成で、少しでもお金を増やし、自分の身は自分で守れるようにしていきましょう。

コメント