借金200万円の一番効果的な債務整理方法【30代会社員の場合】

債務整理

借金200万円は多いと思いますか、少ないと思いますか?

月々返済が出来ている場合でも金利があるとなかなか減りませんよね。

30代で200万円の借金があると、返済が終わるのは40代以降になるでしょう。

人生で一番大事な時期の借金は、結婚や転職などに悪影響を及ぼしかねません。

何より大事なのは早く返済し終わることです。

僕も借金を抱えたまま30代を過ごしてきたので、早く借金を無くすことがどれだけ大事か分かるつもりです。

この記事では200万円を一番効果的に早く返済出来る債務整理方法について解説していきます。

また、債務整理にマイナスイメージがあり踏み切れない人も、この記事で債務整理の見方が変わるかも知れません。

この記事はこんな人におススメです。

  • 30代で借金が200万円ある人
  • 債務整理はマイナスイメージが強く踏み切れない人
  • なるべく早いうちに借金を返してしまいたい人
  • 借金を整理したいがやり方が分からない人

この記事は3分ほどで読めます。

30代会社員が200万円の借金を返済する一番効率的な債務整理方法

最適な債務整理方法

30代で安定した収入を持っている会社員の場合、200万円の借金を一番効果的に早く返せる債務整理方法は個人再生自己破産になります。

理由はこちら。

費用対効果が大きいから

任意整理という債務整理方法もありますが、任意整理は貸金業者と直接交渉して借金額を減らす方法です。

貸金業者によっては拒否する所もありますし、減額出来たとしても今後の金利を無くすことが精一杯ですので、結局200万円を分割で返す形になります。そこに弁護士等の依頼費用がプラスされます。

その点、個人再生と自己破産は裁判所を介する手続きの為強制力がありますし、減額幅も大きくなります。

多少費用が高額にはなりますが、費用対効果を考えても個人再生か自己破産が最も効果的な債務整理方法となります。

個人再生の場合

個人再生を使った場合、200万円の借金は100万円まで減額されます。

個人再生の場合、弁護士の費用は30~50万円が一般的です。それに加えて裁判所費用が20万円前後発生します。

つまり費用のみで50~70万円ほどかかるんですね。

借金が100万円まで減額されても、費用を足すと150~170万円を分割で返済していく流れになります。(もちろん金利はかかりません)

月々3万円の返済だと4~5年かかります。

長いと思いますか?

これ、何もせずに借金を返していくよりは断然お得なんですよ。

なぜなら金利が付かないからです。金利があると無いとではかなり金額に差が出てくるんです。

実際200万円を金利15%で月々3万円返済したとすると、完済までに12年以上もかかります。返済総額はなんと430万円を超えるんです・・・。

同じ3万円で4~5年で返せるのがいかにお得か分かると思います。

名村法律事務所 借金の問題は信頼と実績の名村法律事務所へ

金利については別記事で解説しています。これ読んでおいた方が良いです。

個人再生をもっと詳しく知りたい人はこちら。

自己破産の場合

自己破産を使った場合200万円の借金は0円まで減額されます。

そう。借金が完全になくなるのです。

自己破産の場合、弁護士の費用は30~40万円が一般的です。それに加えて裁判所費用が20~30万円前後発生します。

つまり費用では50~70万円掛かることになります。

借金は0になるので、費用のみ50~70万円を分割で返済することになります。

3万円ずつ返済すると、完済するまでには1~2年ほどになります。

これだと早く完済出来ますね。

弁護士法人東京ロータス法律事務所

自己破産をもっと知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

債務整理は怖くない

債務整理に対してマイナスなイメージを持つ人も多いと思います。

例えば、今回説明した個人再生と自己破産に対してあなたはどんなイメージを持ちますか?

  • 自己破産すると親や会社に知られるかも・・・
  • 住民票に記載されるんでしょ?
  • これから先もうローンが組めなくなるし・・・
  • 親や兄弟のローンにも影響はあるのでは?

はい。このイメージ間違いです。

まず、親や会社・友人に債務整理を知られることはまずありません。

債務整理すると官報という国の機関紙に情報が掲載されますが、この官報、一般の人が目にすることはまずありません。

バレる可能性があるとすれば、親と同居していて債務整理関連の手紙を読まれたとか、親が保証人になっている借金の場合です。

もちろん住民票にも債務整理に関して記載されません。自己破産でもです。

ローンは確かに組みにくくなります。ただし、時間がたてば信用情報から債務整理の情報は消えます。一般的には5年~10年です。早く債務整理すればするほど、早くローンが組めるようになります。

また、債務整理したことが親や兄弟のローンに影響することはありません。保証人になる場合は別ですが・・・。

たしかに、債務整理をすることでのデメリットも存在します。

大事なのは、今から数十年に渡り借金を返し続けていくのか、それとも数年で借金を無くして新しい人生をスタートさせるのかを比べた時に、そのデメリットを受け入れることが出来るかどうかです。

債務整理までの流れ

債務整理までの流れ

債務整理ってどうやればいいの?

答えは簡単です。

弁護士などの専門家に相談することが第一歩です。

ただし、相談する前にしておいた方が良いことがあります。

  • 借りている会社を把握しておく
  • 借りている金額を把握しておく
  • いつから借りているかを把握しておく

これをしておくだけで、相談した時に話が進みやすくなります。相談の際にメモなどにして持参するようにしておきましょう。

相談にかかる費用は一般的に30分で5,000円~10,000円です。

もったいないですよね。

そこで利用したいのは無料相談です。

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

無料相談をおこなっている弁護士事務所を利用しましょう。

ここで大事なのは納得した所に依頼することです。

無料相談ですので色々な所にしても良いと思います。実際に話してみてあなた自身が納得出来た所へ依頼するようにしましょう。

料金もそうですが、借金問題に強い事務所を選ぶのもポイントです。

まとめ

どうでしたか?

30代の会社員が200万円の借金を一番早く効率的に返せる債務整理のポイントをまとめましたので最後に確認しておきましょう。

  • 効果的な債務整理は「個人再生」か「自己破産」
  • 債務整理はきちんと理解すれば怖くない
  • 債務整理を行うには無料相談からはじめよう
  • 弁護士選びは納得出来た所にしよう

債務整理をおこなうのが1日遅れれば、それだけ完済までの時間が長くなります。

大事なのは、債務整理を正しく理解し1日も早く行動を起こすことです。

この記事を読んでくれたことで、借金が早く無くなり自由な人生を送れるようになれば幸いです。

コメント